ごとうゆうの本棚

ごとうゆうの本棚

本好きのごとうゆうが読んだ本の感想などを気まぐれに紹介していくブログ

『太陽と乙女』

 

こんばんは。

じめじめした暑さが続いていて、体調にダメージを与えてきますが皆さんは大丈夫ですか?


今週はこちらの本を紹介します。📘


f:id:gotoyu215:20190718204721j:plain

太陽と乙女


基本データ

『太陽と乙女』
出版社:新潮社
価格:1600円
ジャンル:エッセイ
読了日:2019年7月某日
 

感想

森見さんのエッセイ大全集。

 

大全集というだけあって、いろいろな雑誌等に連載された様々な文章が収録されています。

読書にまつわるあれこれ、お気に入りについて熱く語ってくれた章、彼の作品についての裏話的なエピソード……。

 

どの章も読みごたえがあって楽しいのだけど、中でも楽しいのは散歩の章。

散歩についての章なのに、なぜか(ほかに入れるところが無かったのだろうか)富士登山を達成したエピソードが入っている。

富士登山、それはそれは過酷だろう。

実際、読んでいても過酷っぷりが伝わってきたから自分だったら絶対登らないだろうな、そう思った。

少なくとも、ちゃんと準備してトレーニングして登った方がいい、そう教えてくれた。

他にも、「東京探検隊」と称して、編集者と廃駅探検に乗り出してみたり。

(といっても、企画したのはあくまで編集者の方で、森見さんは本人曰く「あぶあぶ」と返事をしていたら決まっていたそうな。)

夏の暑い日に実行された、東京探検隊。

そのハードな珍道中も記されている。

夏の盛りに1日中廃駅巡りをするのだから、編集者の体力も森見さんの体力も相当である。

 

日常編ではどこにもカテゴライズされなかった、連載文が載っている。

「日常」ではあるものの、エッセイとして特別に狙って書かれたという意味ではやっぱり「非日常」である。」と彼は語るが、それでもファンとしては嬉しい。

好きな作者が日頃どんなことを考え、どんなことに目をつけているのかが分かるというのは楽しいものである。

 

なんと、この本は、最後に特別書き下ろしがついている。 最高じゃないか?

それがなくても大全集に恥じないボリュームなのに。

「書き下ろし」、何という甘美な響きだろう。

その本のために別に作者が文章を書いて載せてくれるのである。

ファンでいる、読者でいる醍醐味の一つだと思ったりする。

 

今回の森見さんの書き下ろしは、書き下ろしと、大学院生時代の日記!

なんと、日記が公開されるのである。

本来書いた本人だけにに秘められるはずの日記が。

過去の連載が収録され、なおかつ書下ろしも載っていて、日記まで公開されている。

森見さんファン垂涎間違いなしの大全集でした。

 

最後に一言

書きたいことをほぼ全部感想に書いてしまったので、最後に一言も何もありませんが、とにかくおススメです。