ごとうゆうの本棚

ごとうゆうの本棚

本好きのごとうゆうが読んだ本の感想などを気まぐれに紹介していくブログ

『まひるの散歩』

 こんにちは!

すみません、すっかり曜日感覚なくなってて今週の本を更新してませんでした💦

最近このミス多いですね、気を付けます。


さて、今週はこの本!


f:id:gotoyu215:20190114135537j:plain

まひるの散歩 (新潮文庫)


基本データ

まひるの散歩』
著者:角田光代
出版社:新潮社
価格:460円
ジャンル:エッセイ
読了日:2018年12月25日
 

感想

角田さんのエッセイ3冊目。

 

1つ前の記事で紹介した、『よなかの散歩』の続編です。

今作は食に重点を置いて書かれています。

 

料理上手な角田さんが食を通して考え、感動して、驚いて……。

ご飯を作る、美味しいものに出会う、食べる、そんな何気なく当たり前のようにこなしている日常の一コマ一コマが幸せなことだよと伝えてくれる満腹エッセイ。

 

料理が出来ないごとうは、あまり料理の楽しさとかそういうのは分からないけど、角田さんの料理を食べてみたいし、一緒にご飯食べてお肉のおいしさを語り合いたいし、料理を教わって食べてみたい。

そうしたらどんなに楽しいだろう。

幼少期の偏食のこととかで「あるある」って笑ってみたりして。

どんどん角田さんのエッセイを読むのが楽しみになってきました。

 

最後に一言

なんと、この本、さりげなく写メが載せてあります。

エッセイに関連する、角田さんが携帯で撮った写真がそれぞれの話の後ろに載せてあるんです。

だから「あー、これってこのことか」と(勝手に)親しみを感じてみたり、かわいい飼い猫の写真も載っているのでたまになごんで、可愛さに悶えてみたり。

美人なんですよ、角田さんの猫。

写メなので?画像のサイズは小さいものがほとんどですが、それでも満載。

角田さんがもっと身近になる、そんな気がしてくる味わい深いエッセイです。