ごとうゆうの本棚

ごとうゆうの本棚

本好きのごとうゆうが読んだ本の感想などを気まぐれに紹介していくブログ

『無印良女』

 こんにちは。

昨日更新したのですが、どうも上手くゆかず、今日改めてアップします。

すみません。😭



f:id:gotoyu215:20181128202201j:plain

無印良女 (角川文庫)


基本データ

『無印良女』
著者:群ようこ
出版社:KADOKAWA
価格:480円
ジャンル:エッセイ
読了日:2018年11月5日
 

感想

「どうして?」

これが感想です。

 

「どうして群さんの周りにはこんなに面白い人たちが集まるの?」

笑いながら、笑いすぎて涙を拭きながら読んだエッセイ。

 

読み終わってから記事を書くまでに間が空いてしまったので、読了日があいまいになってしまっていますが……

でも読み始めてからすぐに読み終わってしまいました。

ページをめくる手が止まらない。

それほどにユニークな人たちのオンパレード。

何でこんなに極端なのか、へんてこりんなのか。

ごとうはやはり、何だかんだ読んでも、群さんのお母さんのエピソードが大好きです。

娘を自慢するのにペンネームを間違えまくるお母さん。

間違えっぷりもスゴイ。全然合っていない。それでも自信満々。笑うしかない。

 

ユニークな人たちが集まっているのも確かだが、群さんの鋭い的確な観察眼と、筆の力がなす技だと思います。

そうでなければただのちょっと変なエピソードで終わってしまう。

そこを、変わった人がこんなに不思議なほど集まっていて、爆笑の波がどんどん押し寄せる海に出来るのは群さんだけの必殺技でしょう。

 

最後に一言

もう、感想に書き尽くしたので、特に一言はもうありません。

笑いたかったら読みなさい。これに尽きます。

に、してもこんなに変わった人が集まるってことは、「類は友を呼ぶ」としたら群さんも……?