ごとうゆうの本棚

ごとうゆうの本棚

本好きのごとうゆうが読んだ本の感想などを気まぐれに紹介していくブログ

『ネコの住所録』

 こんにちは。

今日は木曜日なので、記事を更新します。

午前中から午後にかけて晴れていたのに何だか今は曇ってしまって肌寒いですね。

今日の本はこちらです📙

f:id:gotoyu215:20181016214839j:plain

ネコの住所録 (文春文庫)


基本データ

『ネコの住所録』
著者:群ようこ
出版社:文藝春秋
価格:600円
ジャンル:エッセイ
読了日:2018年9月30日
 

感想

作者の動物愛にあふれた爆笑幸せエッセイ。

作者の家で飼っていた動物たち、ご近所の動物たちなどなど、「え、これも登場するの?」という生き物まで。

作者の持つ鋭い観察眼で見つめ見守り、そして爆笑エッセイに昇華されます。

 

ごとうおススメは、道路で死んだふりをするのが大好きな犬の話と、思いどおりの餌がもらえないと態度がものすごく冷たくなる鳥の話です。

 

最後に一言

生き物を全く飼ったことがないから、沢山飼ったことがあって今もなお猫を飼っている百戦錬磨の作者の気持ちとか観察眼はいまいち分からないですが、動物が愛おしいものだなと思うことが出来ました。

 

みんなそれぞれ違ってそれぞれの魅力があってかわいらしいエッセイです。

その魅力を見抜くのが群さんの才能なんだよなぁ。

 

あ、ごとうは将来魚を飼うのが夢です。