ごとうゆうの本棚

ごとうゆうの本棚

本好きのごとうゆうが読んだ本の感想などを気まぐれに紹介していくブログ

『トラブル・クッキング』

こんばんは。

今日はすっきりとした秋晴れが気持ちよかったですね🍁

表紙の赤が鮮やかなこの本を今日は紹介します📙

f:id:gotoyu215:20180926161132j:plain

トラブル・クッキング (集英社文庫)


基本データ

 
『トラブル・クッキング』
著者:群ようこ
出版社:集英社
価格:400円
ジャンル:エッセイ
読了日:2018年9月22日
 

感想

料理下手、という汚名を雪ぐと決意した作者が様々な料理に挑みます。

 

挑むんだけど……なぜかどこかで失敗。

何か入れ忘れたり別のものになってしまったり、味が予想通りで無かったり。

 

もうタイトルから笑えるエッセイに仕立ててあるけど、これ、他人ごとじゃないんだなぁ。

すくなくともごとうにとっては他人ごとではないです。

いつ自分も料理がこうなってもおかしくない。それ位料理が苦手。

きっと自分だったらめげてしまってもう料理なんかしたくない、そう思うのに、作者は(仕事だからというのもあるけど)めげない。

その姿が素敵で、何だか勇気をくれる。 ちょっと手間のかかる料理にチャレンジしてみようかな、という気にさせてくれます。

 

失敗してるのに何だかその場に居合わせて食べてみたくなってしまう、そんな不思議な爆笑エッセイです。

 

最後に一言

ホッとします。 「あー、自分だけじゃなんだな」と。

別に下を見て満足しているわけではなくて、こうやって一生懸命頑張っている人もいて、失敗してもユーモアたっぷりにスパイス追加して、みんなに元気をあげることのできる人がいる、そこがホッとする。

こんな人になれたら、きっと人生はもっと楽しくなる。

心に沁みる料理本がここに登場。