ごとうゆうの本棚

ごとうゆうの本棚

本好きのごとうゆうが読んだ本の感想などを気まぐれに紹介していくブログ

『神の子どもたちはみな踊る』

こんにちは。

今日の紹介は難しかったです💦

では、どうぞ。

 

f:id:gotoyu215:20180907163424j:plain

神の子どもたちはみな踊る (新潮文庫)

 


基本データ

 
著者:村上春樹
出版社:新潮社
価格:490円
ジャンル:小説
読了日:2018年8月27日
 

感想

阪神淡路大震災をテーマにした短編小説集です。

でもルポルタージュでもなくて、架空の世界と繋がるような不思議な小説たち。

世界は繋がっているかもしれない、そう思わせるような感覚です。

 

今回はいつにもまして上手く紹介できません。

そのくらい、不思議な感覚を読者に残します。

かえるくんとは、みみずくんとは、一体……。

裏表紙の紹介では、「深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。」とあるのですが、光を放っているようで、実はやっぱり闇の中に放り出されてるような気がしてくる。

 

最後に一言

もはや黙示録とは何なのか。読者にいろいろな疑問を投げ掛けるような一冊。

 

↓ カバーが違いますが、同じ本です。