ごとうゆうの本棚

ごとうゆうの本棚

本好きのごとうゆうが読んだ本の感想などを気まぐれに紹介していくブログ

『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』

こんにちは

今日はこの本を紹介します

 

f:id:gotoyu215:20180907202316j:plain

そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります (講談社文庫)

 


基本データ

 
『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』
出版社:講談社
価格:524円
ジャンル:エッセイ
読了日:2018年8月11日
 

感想

川上さんの初随筆集です。

先日彼女の『おめかしの引力』をひょんなことから読み、もっと彼女のエッセイを読んでみたいと思って購入。

 

たぶん川上さんの作品を知らずに読んだら面食らうと思います。 一文一文は長いし、たまに何言っているか分からないし。

それでも読んでいくと不思議なことに、ある一点を超えてピタッとハマる。

そこからは彼女の感性の虜。

みずみずしくて、緊張感をはらんでいて、角張っている、そんな彼女の文章に目が吸い寄せられる。

気がついたら、あれだけ疲れると思っていたのにどんどん字を追っていて、たまに自分にも覚えのある話だと嬉しくなる。 「あー、わかるかも」 これがいい。

 

個人的に気に入っているのは、サボコのエピソード。

 

最後に一言

サボコ?って思った人はぜひ読んで川上未映子ワールドにすこんと落っこちてほしいです。

因みに、ごとうはこの後に川上さんのエッセイを片っ端から某通販サイトでポチりました。