ごとうゆうの本棚

ごとうゆうの本棚

本好きのごとうゆうが読んだ本の感想などを気まぐれに紹介していくブログ

『のっけから失礼します』

おはようございます。

昨夜から風がすごいですね。

寝られませんでした、眠いです。

 

昨日は義実家に帰省していました。

お盆だから、お母さんと送り団子を作ったり、家族団らんしたり、お墓参り出来たり、とても素敵な1日でした。

 

今週紹介する本はこちらです。

 f:id:gotoyu215:20190813091317j:plain

のっけから失礼します


基本データ

『のっけから失礼します』
出版社:集英社
価格:1600円
ジャンル:エッセイ
読了日:2019年8月10日
 

感想

久しぶりの、しをんさんのエッセイ!

カバーからもう可愛いがあふれている!

 

この本は、「BAILA」という女性向け雑誌での連載をまとめた本です。

冒頭あたりのエッセイは、もう5年位前になるのだそう。 でも、全然古臭さとかを感じさせない、しをんマジック。

第一章 ニワトリはこっけ

第二章 取られるのはあっけ

第三章 幸いなるはもっけ

第四章 おいしいのはほっけ

の全四章。

どの章のタイトルもかわいい。

よく思いつくなぁ、と感心しました。

どの章にも章末書下ろし付きというお得感満載企画。

 

いつもしをんさんのエッセイを読んで爆笑して楽しませてもらっているのですが、今作も本当に面白い。

相変わらずしをんさんの日々には「え?それ本当?」というような出来事が起こって、 彼女の周りを取り巻く人たちも個性豊か。

特にご家族は強烈。

いつの時代も母は強いんだなぁと思わせられる(笑)

 

なんでこんなにしをんさんのエッセイは面白いのか。

周りで起こった出来事を決して誇張、所謂「盛る」ようなことはしていないのに。

それは、しをんさんの観察力に起因していると思う。

周りを、そして自分自身を本当によく見ている。

3つ目の目とでもいうのだろうか 起こった出来事を客観的に見て、そこから彼女が伝えたい重要な部分を無駄なく抽出している。

無駄なく抽出しているから、濃度が高い。

濃度が高いから面白い。

これが、ただの記録だったらもっと面白さの、伝えたいことの濃度が低くなってしまって、つまらなかっただろう。

周りをよく見ているから、周りから受けた出来事や情報を自分自身の生活に取り入れるのがとても上手い。

自分自身の生活に取り入れることが出来るから、何でもない日常が途端に彩り豊かになる。し、書くことが増える。

 

伝えるための表現はさすが作家というところである。

例えば「『きらめき貯蔵袋』が破裂した」。

え?何が起こったの? というか「きらめき貯蔵袋」ってそんなかわいい名前のもの、何?

そう読者をいつの間にか、しをんワールドに引きずり込む。

適度にボケて、適度にセルフツッコミ。

そのバランス感覚も絶妙。

一体彼女の脳内はどうなっているのだろう。

とても素敵なものばかりであふれかえっているのではないか、宇宙が広がっているのではないか、と夢を抱かせてくれる。

(まぁあくまでこちらの夢であって、もっと現実的なことであふれているのだろう。締め切りとか。)

 

あっという間に爆笑しをんワールドに引きずり込まれて、あっという間に終わってしまって、現実世界にポイッと放り出されてしまった。

それは内容が薄いからではない。

内容がくどすぎなくて、絶妙な塩梅で濃いから、感覚の時間軸がゆがむのだ。

本当に一体何者なんだ、しをんさん……。(小説家です。)

 

最後に一言

しをんさんのエッセイは本当に面白い。

内容が爆笑必須というだけでなく、しをんさんの視点や才能が垣間見えるところが興味深い。

あとがきにて、「私はもう少し素敵な日常を送れんのか。送れん。」とツッコミを入れているが、読者からしたら十分素敵な日常だと思う。

普通の日常でも、素敵な日常にエピソードをつむぐことの出来るしをんさんマジックがあるのだから。

普通の日常を、視点一つで素敵な日常に捉える、これは我々にも言えることで、それが幸せになる第一歩だと私は思うのです。

爆笑の渦に巻き込んでくれて、幸せにしてくれてありがとう。

 

 

『四畳半神話体系』

 こんにちは🌞

暑いですねー💦


そんな暑さを吹き飛ばす笑いの本をご紹介します🎵

 f:id:gotoyu215:20190804161433j:plain

四畳半神話大系 (角川文庫)


基本データ

『四畳半神話体系』
出版社:KADOKAWA
価格:680円
ジャンル:小説
読了日:2019年8月2日
 

感想

森見さんの小説を読んだのは、今回が二度目。

何故か、記念すべき一冊目が手元に残っていないのだが。

確か『新訳 走れメロス』だった気がする。

あの時もお腹を抱えて笑い転げながら読んだが、今回も笑いに笑った。

 

今作は、4つのパラレルワールドのお話。

主人公が出会う、4つの不思議なサークルにそれぞれ入って起こった出来事をつづったほろ苦いんだかドタバタしてるんだか、とにかくいろんなものがパンパンに詰め込まれている青春ストーリー。

映画サークル「みそぎ」、「弟子求ム」という謎の話、ソフトボールサークル「ふわふわ」、秘密組織「福猫飯店」、この4つの組織それぞれで出会う、小津という謎めいた悪友。

最終話では、その4つの世界の旅が始まってしまう。

彼の四畳半が延々と続く、外に出られない不思議な空間に閉じ込められてしまうのである。 主人公はそれぞれのサークルに属していた過去を回想し、失敗やら現在の不遇やらを思い起こし、過去の2年間を「棒に振った」と後悔し、その責任を小津に転嫁する。

 

この作品は登場人物がとても魅力的である。 跳梁跋扈暗躍し放題の、主人公の悪友である小津、理知的な黒髪の風貌の明石さん、酔うと人の顔を嘗め回すという悪癖を持った羽貫さん、小津の師匠であるというらしい樋口師匠……。

皆個性が強い。よく主人公はつぶれなかったなぁと思うと同時に、それだけの何かを彼も持っていたのである。

樋口師匠は、神を名乗ってみたり(真偽不明)、小津に様々なものを所望したり、映画サークルの主、城ケ崎なる人物と代理戦争を繰り広げてみたり、はっきり言って全然師匠らしくはないのだが、こんな名言を残している。

(この代理戦争とは一体何なのかは作品で確認してほしい。あまりに馬鹿馬鹿しくて楽しいから。)

 

「可能性という言葉を無限定に使ってはいけない。我々という存在を規定するのは、我々がもつ可能性ではなく、我々がもつ不可能性である」

 

これは、主人公と悪友小津の対比を表している。

「自分には可能性がある」と信じ、キャンパスライフに夢を描き、不可能性にはまっていくのに対し、小津は何をも恐れない。

だから不可能を可能にする。主人公が1つずつ所属したサークルに同時に参加し、つまりは主人公が4話かけたところを1話で暗躍し、好き放題やらかしてみたり、サークルの重鎮となったり、恋人まで作って、まるで主人公が求め続けた「薔薇色のキャンパスライフ」を実現してしまうのだ。下宿までなんだかいい感じのアパートなのだから。

 

どうだろう?ただ面白おかしい青春小説ではない。

ただのパラレルワールド×青春小説に見せて、意味深なメッセージが含まれていた。

森見作品にハマりそうな気配がする。

 

最後に一言

ただの鬱屈した大学生の過去2年間の回想ストーリーだと思っていた。

正直、娯楽というか、気楽な気分で読むつもりだった。

それが、樋口師匠のあの名言で違ってしまった。

明確だけれども巧妙に隠された二項対立が目の前に現れた時に、何という小説なのだろうと驚愕した。

主人公と小津の二項対立によって、我々に、普段何気なく使っている「可能性」という言葉について疑問を投げかけている。

(そういうつもりで書いてなかったらごめんなさい、森見先生。)

しかし、そういうつもりで書いていなくても、森見先生は主人公をパラレルワールドの中心に据えて、あそこまで小津という人間を自由にしたのだから、無意識下にそういう思いがあったのでは、という推測もあながち邪推ではないだろう。

もちろん、肩ひじ張って読むというのは似合わない。自由にパラレルワールドを楽しむのが似合っている。

心も頭も開け放って、ぐるぐるとしたこの物語の渦に巻き込まれてもらいたい。

 

 

『モーツァルトのいる休日』

 こんにちは。

暑いですね☀️😵💦

ごとうは夏バテ寸前です。

というか、既に体調を崩しました。

皆さん、熱中症には気を付けて。


さて、今週の本はこちら📙

 f:id:gotoyu215:20190727185110j:plain

モーツァルトのいる休日 ~大人の楽しむクラシック~ (マイナビ新書)


基本データ

モーツァルトのいる休日』
著者:石田衣良
出版社:マイナビ出版
価格:850円
ジャンル:エッセイ
読了日:2019年7月27日
 

感想

また良書に巡り合ってしまった。

石田衣良さんの、モーツァルトについてのエッセイ。

 

彼がどういう理由でモーツァルトが好きか、モーツァルトを聴くコツ、モーツァルトの「曲にまつわるエピソードを披露してくれる第一部、数ある名曲の中から彼オススメのモーツァルトをセレクトして紹介してくれる第二部、そして、大人のためのクラシック論、ということで作曲家の加羽沢美濃さんとの対談が収録された第三部の全三部構成である。

 

石田さんと加羽沢さんは、NHKの「ららら♪クラシック」という番組で司会を務めていた名コンビ。

加羽沢さんのことをこの番組で知って、好きになった私としては、対談が収録されていると知ってびっくりして買わずにはいられなくなり、本屋をかけめぐった。

(そういう本に限って往々にして近くで手に入らないこの現象を何と言うのだろう。)

 

石田さんは流れるような文章で、モーツァルトの魅力を解説していく。魅力を生み出した彼の人生の幸不幸も、そんなモーツァルトと向き合ってみるためのコツや、デートへの活かし方まで(笑)教えてくれる。

一体彼はどうやってこんなに多くの人を魅了したのか。

研ぎ澄まされたテンポ感や聴衆の期待を裏切らない構成や展開、それらが合わさって数々の名曲が生み出されたと石田さんは語る。

確かに、モーツァルトの音楽は流れるようなテンポで、最初聴いた瞬間から聞き手を自分のフィールドに引きずり込む名手である。

彼がそれを意図して曲を書いていたのかは微妙だが。

 

石田さんは、モーツァルトだけでなく、クラシック、音楽に触れる時、「人生を楽しむ感じ」と書いている。

将来の夢というものを何に付けても聞かれるこの日本で、「夢を持たなければいけない」と考えすぎている、と危惧している。

「そんなに夢をもってなければいけないのか」と。

それより「何が本当に好きなのか、何が本当に楽しいのかを感じ取る力」を大切にしてもらいたいと石田さんは語る。

その感じ取る力があってこそ、心の余裕があってこそ、音楽や小説を楽しむことが出来る、と。 「人生を楽しむ感じ」を忘れないでほしい、と。

 

石田さんオススメのモーツァルトは、どの曲も魅力的なのだろうが、そこをあえて簡潔に紹介している。

一つ一つが簡潔に紹介されているから、そうか、こんな曲も、あんな曲もあるのか、とさくさく読み進めることが出来、また実際に聞いてみたくなる。

収録されているのはこのCDですよ、という紹介がついているのもありがたい。

 

加羽沢さんとの対談では、軽妙なトークが展開され、加羽沢さん自身のエピソードも知ることができて、加羽沢さんの(いわゆる俄ですが、)ファンとしてはまた楽しいのではないでしょうか。

だって、加羽沢さんが実は幼少期にモーツァルトでつまずいてて、モーツァルト嫌いだったなんて信じられないでしょう?

「ららら♪クラシック」の延長戦みたいな感じの優しい空気で対談が進んでいく、そして、大人たちにこそクラシックをちょっとした贅沢、といった感じで楽しんでほしいとエールを送って締めくくっている。

 

文章の名手、作曲の名手、人生を楽しんで活躍されている二人に応援してもらった今こそ、モーツァルトに、クラシックにダイブする絶好のチャンスではないだろうか?

 

最後に一言

この本の中には数々の名言が登場します。

出来ることなら全部に線を引いて紹介したいくらい。

そんなことしていたら、この本のほとんどを引用しかねないのでできませんが。

石田さんの、「人生を楽しんでほしい」という思いに満ちた文章は、何となく生き苦しくなっている私たちの胸に刺さる。

最後に、一番胸に刺さった言葉でこの記事を締めくくりたいと思います。

 

『実は本当に一番素晴らしいのは、芸術そのものではなくて、それを「素敵だ」「おもしろい」と感じることができる人の心である。』

 

最後の最後に余談。 私はこの本を読んで、モーツァルトでなく、現代音楽のスティーヴ・ライヒにハマりました。

そういう思いがけない出会いがあるのも読書の魅力ですね。

 

 

『偉大なる失敗 天才科学者たちはどう間違えたか』

 こんにちは。

日本の一部は梅雨明けしたらしいですね。

私の住む関東も早く梅雨明けしてほしいものです。

今日はずいぶん暑く夏空が広がっていますが。

(週末に来るとかいってる台風も心配。)


さて、今週の本はこちらです。

久しぶりに科学ノンフィクション📙


f:id:gotoyu215:20190725153435j:plain

 

偉大なる失敗──天才科学者たちはどう間違えたか (ハヤカワ・ノンフィクション文庫〈数理を愉しむ〉シリーズ)


基本データ

『偉大なる失敗 天才科学者たちはどう間違えたか』
著者:マリオ・リヴィオ(訳:千葉敏生)
出版社:早川書房
価格:1040円
ジャンル:ノンフィクション
読了日:2019年7月25日
 

感想

ダーウィン、ケルヴィン、ポーリング、ホイル、アインシュタイン……

皆、科学史に輝かしい業績を残している偉大なる科学者たち。

彼らは天才と呼ばれてしかるべき頭脳の持ち主であり、その才能を研究で遺憾なく発揮し、科学の発見に多大な貢献をした。

 

そんな彼らでも間違いを犯すことがある。

失敗や間違いと無縁の超越した存在に見える彼らだが、実は大きなミスをしているのだ。

しかし、そのミスもその先の研究の原動力となったり、のちに誤りではないことが判明したり、ミスや失敗ですら超越している。

その彼らのミスを解読していくのが本書である。

彼らが一体どんな研究を成し遂げたのか、そこでどんなミスを犯したのか、それは何故だったのだろうかを考察している。

メインは彼らのミスに焦点を当てて、原因に迫っていく、なかなかない視点の本だったので思わず手に取ってしまった。

彼らがこんな間違いをしました、原因はこうです、という話だけでなく、そもそも彼らが取り組んでいた研究について最初に紹介されているところが親切である。

そうでないとただでさえ専門用語のオンパレードとなりがちな、科学ノンフィクションはさらに難解なものとなってしまい、読者が限られてしまう。

そこを、まず科学者たちが抱えていた課題、また研究成果から紹介、解説してくれているため、科学に専門知識がない人たちも読み進めやすい構成になっている。

おかげで自分も専門知識はないが、読み進めながら知識を得て読了することが出来た。

この構成を取った著者のセンスもそうだが、訳者の読み解く力もさすがのものである。

時として、直訳になりがちな科学ノンフィクションを、素人にも読みやすく訳している。

久しぶりに当たりに巡り合った、という感を得た。

 

にしても、天才科学者たちのミスは並外れている。

後進の研究の貴重な資料となり得たり、後に間違いではないことが証明されたりと、大きく科学の発展に貢献しているのだから。

そんな天才も誤った原因はなんだか我々凡人たちと似通ったところがあったりする。

著者はその過ちと人間の脳の性質や関係を解きほぐしてみようと試みている。

自分の情熱を注いだ研究に愛着がわいてなかなか新しい説を認められなかったり、過去の成功体験が仇となったり、予期せぬ可能性を無視してしまったり、というのは、我々にも認められるところではないだろうか。

やはり天才といえども、彼らは人間である、と少し親近感が湧いたりもする。

それでも並外れた天才だから、ほんの少ししか湧かないが。

かなり遠い人間に思うのは変わりない。

 

彼らの人間らしさにスポットを当てて、彼らの業績とともに紹介したこの本は名著だった。

 

最後に一言

科学についての専門知識がなくても楽しく読めます。

しかし、少しばかりの一般的知識があることを前提に書かれているので、名前だけでも知識がある状態で読むことをお薦めします。

最終的に研究の内容については理解を超えてくるので、寝る前に読むとぐっすり眠れるでしょう。

専門的な部分もありますが分からないと思った箇所は、読み飛ばしても、メインである失敗の原因考察は分かりやすく書かれているので、大丈夫だと思います。

科学ノンフィクションだから、とためらうより、まず手に取って、科学の海を漂うつもりで新たな脳への心地いい刺激を受けてもらいたいです。

 

 

『太陽と乙女』

 

こんばんは。

じめじめした暑さが続いていて、体調にダメージを与えてきますが皆さんは大丈夫ですか?


今週はこちらの本を紹介します。📘


f:id:gotoyu215:20190718204721j:plain

太陽と乙女


基本データ

『太陽と乙女』
出版社:新潮社
価格:1600円
ジャンル:エッセイ
読了日:2019年7月某日
 

感想

森見さんのエッセイ大全集。

 

大全集というだけあって、いろいろな雑誌等に連載された様々な文章が収録されています。

読書にまつわるあれこれ、お気に入りについて熱く語ってくれた章、彼の作品についての裏話的なエピソード……。

 

どの章も読みごたえがあって楽しいのだけど、中でも楽しいのは散歩の章。

散歩についての章なのに、なぜか(ほかに入れるところが無かったのだろうか)富士登山を達成したエピソードが入っている。

富士登山、それはそれは過酷だろう。

実際、読んでいても過酷っぷりが伝わってきたから自分だったら絶対登らないだろうな、そう思った。

少なくとも、ちゃんと準備してトレーニングして登った方がいい、そう教えてくれた。

他にも、「東京探検隊」と称して、編集者と廃駅探検に乗り出してみたり。

(といっても、企画したのはあくまで編集者の方で、森見さんは本人曰く「あぶあぶ」と返事をしていたら決まっていたそうな。)

夏の暑い日に実行された、東京探検隊。

そのハードな珍道中も記されている。

夏の盛りに1日中廃駅巡りをするのだから、編集者の体力も森見さんの体力も相当である。

 

日常編ではどこにもカテゴライズされなかった、連載文が載っている。

「日常」ではあるものの、エッセイとして特別に狙って書かれたという意味ではやっぱり「非日常」である。」と彼は語るが、それでもファンとしては嬉しい。

好きな作者が日頃どんなことを考え、どんなことに目をつけているのかが分かるというのは楽しいものである。

 

なんと、この本は、最後に特別書き下ろしがついている。 最高じゃないか?

それがなくても大全集に恥じないボリュームなのに。

「書き下ろし」、何という甘美な響きだろう。

その本のために別に作者が文章を書いて載せてくれるのである。

ファンでいる、読者でいる醍醐味の一つだと思ったりする。

 

今回の森見さんの書き下ろしは、書き下ろしと、大学院生時代の日記!

なんと、日記が公開されるのである。

本来書いた本人だけにに秘められるはずの日記が。

過去の連載が収録され、なおかつ書下ろしも載っていて、日記まで公開されている。

森見さんファン垂涎間違いなしの大全集でした。

 

最後に一言

書きたいことをほぼ全部感想に書いてしまったので、最後に一言も何もありませんが、とにかくおススメです。